共同研究

共同研究について

民間企業等から研究者(共同研究員)及び研究経費等を受け入れて、本校教職員が共同研究員と共通のテーマについて共同して行う研究です。
また、民間企業等と本校がそれぞれの施設で分担して研究を行うこともできます。

研究員の派遣

民間企業等の研究者が本校において研究に従事する場合には、研究料として一人につき年額42万円の経費が必要になります。

申込み方法

共同研究のお申し込みは、本校所定の「共同研究申込書」をご提出ください。
申込みをいただきますと、共同研究の受諾を行い、契約を締結します。
この契約の完了を受け、研究料と研究経費を納入していただくことになり、その後に、研究(含む研究員の受入れ)を開始します。
従いまして、お申込み後、研究開始までの間、契約手続き等のための日数が必要になりますので、期間の余裕を見てお申し込みください。

 

複数年契約

複数年継続する共同研究を行うことも可能です。
複数年の研究期間を設定する場合には、お申し込み時に経費の負担等も含め、契約期間の設定について、ご相談させていただきます。

特許等の取扱い

創造された発明に対する寄与の程度を基礎に、本校の教職員と企業との間のパートナーシップを尊重し、特許等の帰属を高専機構になるか発明教職員個人になるかを個別に判断します。その上で、権利の持分、優先的実施権の設定、出願等に係る経費の負担について、ケース・バイ・ケースで協議により決定します。

税の優遇措置

共同研究のために支出した経費の一定割合については、法人税や所得税から控除される税制上の優遇措置があります。

共同研究実績報告書

共同研究終了後に、共同研究者双方が協力し、共同研究実施期間中に得られた研究成果を研究実績報告書として纏めていただくことになります。

研究紹介

シーズチャートから探す 研究キーワードで探す コース別から探す 分野別から探す

最近5年間の実績


1.最近5年間(平成24~28年度)に本校で実施された共同研究の件数は、次のとおり。

24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
件数 18 26 29 27 22

2.最近5年間に実施された共同研究の具体的な内容は次のとおり。

平成28年度

担当教員 所属 共同研究機関等 研  究  テ  -  マ
森谷 克彦 電気・電子コース 豊橋技術科学大学 太陽電池高効率化のための科学
森谷 克彦 電気・電子コース 豊橋技術科学大学 研究・教育のための高専-TUT連携・協同プログラム
佐藤  淳 電気・電子コース 豊橋技術科学大学 センサの回路構成の検討
神田 和也 電気・電子コース 長岡技術科学大学 農業ICT化促進のための試作
佐藤 貴哉 化学・生物コース 長岡技術科学大学 KOSEN-GIGAKUジョイントサミット
斎藤 菜摘 化学・生物コース 長岡技術科学大学 土壌放線菌の機能探索
森永 隆志
佐藤 貴哉
化学・生物コース
化学・生物コース
県外企業 ゴム用配合剤への応用研究
森永 隆志
佐藤 貴哉
上條 利夫
化学・生物コース
化学・生物コース
化学・生物コース
地元企業 タンパク質の物性改良に関する研究
佐藤 貴哉 化学・生物コース 県外企業 リチウムイオン電池応用・実用化
佐藤 貴哉 化学・生物コース 県外企業 クルルの構造解析および利用に関する研究
佐藤 貴哉 化学・生物コース 県外企業 濃厚ポリマーブラシの応用
佐藤 貴哉
森永 隆志
本間 彩夏
化学・生物コース
化学・生物コース
技術補佐員
県外企業 流動性制御用ブロック共重合体の開発
佐藤 貴哉
荒船 博之
化学・生物コース
化学・生物コース
県外企業 イオン液体の開発
栁本 憲作
當摩 栄路
田中  浩
情報コース
機械コース
機械コース
県外企業 ①シャフト振れ低減
②ギア付きモーターの基礎研究
金  帝演 情報コース 県外公的機関 安全性及びナビゲーションに関する研究
佐藤  淳 電気・電子コース 県内公的機関 災害情報管理システムの開発について
末永 文厚
矢吹 益久
機械コース
機械コース
地元企業 製造設備の解析
加賀田秀樹 化学・生物コース 県外企業 燃料電池用固体電解質の開発
飯島 政雄 化学・生物コース 県内団体 商品化プロジェクト
小寺 喬之 化学・生物コース 県外企業 機能性中空粒子の合成技術の開発
伊藤 眞子 教育研究技術支援センター 県内団体 燻製品の開発
栁本 憲作 情報コース 県外企業 計測技術の開発

 

平成27年度

担当教員  所属 共同研究機関等 研  究  テ  -  マ
佐々木裕之 機械コース 福島大学 減速機構の性能評価
森谷 克彦 電気・電子コース 豊橋技術科学大学 太陽電池高効率化のための科学
森谷 克彦 電気・電子コース 豊橋技術科学大学 研究・教育のための高専-TUT連携・協同プログラム
江口宇三郎 電気・電子コース 豊橋技術科学大学 電子デバイスへの応用に関する基礎的検討
主濱 祐二 基盤教育グループ 豊橋技術科学大学 留学生向け日本語教材の作製
南   淳 化学・生物コース 長岡技術科学大学 メタカスパーゼアイソザイムの役割と活性調節
吉木 宏之 電気・電子コース 長岡技術科学大学 農水産物の非加熱殺菌技術の開発
久保 響子 化学・生物コース 長岡技術科学大学 芳香族化合物分解性アーキアの集積培養
佐藤  司 化学・生物コース 長岡技術科学大学 酸性雨の調査
斎藤 菜摘 化学・生物コース 長岡技術科学大学 植物生長促進放線菌の分離と評価方法の確立
松浦由美子 化学・生物コース 長岡技術科学大学 選択的水素化に対する触媒反応プロセスの開発
森谷 克彦 電気・電子コース 長岡技術科学大学 薄膜の評価と新しい評価法の提案
内山  潔 電気・電子コース 長岡技術科学大学 高性能薄膜燃料電池の開発
森永 隆志
佐藤 貴哉
化学・生物コース
化学・生物コース
県外企業 ゴム用配合剤への応用研究
森永 隆志
佐藤 貴哉
上條 利夫
化学・生物コース
化学・生物コース
化学・生物コース
地元企業 タンパク質の物性改良に関する研究
佐藤 貴哉 化学・生物コース 県外企業 リチウムイオン電池応用・実用化
栁本 憲作
當摩 栄路
田中  浩
情報コース
機械コース
機械コース
県外企業 ①シャフト振れの原因・低減手法の明確化
②騒音の関係について
吉木 宏之
斎藤 菜摘
電気・電子コース
化学・生物コース
県外企業 殺菌水の生成検討
金  帝演 情報コース 県外公的機関 安全性及びナビゲーションに関する研究
飯島 政雄 化学・生物コース 地元企業 セリシンの抽出方法の研究
飯島 政雄 化学・生物コース 地元企業 セリシンの分離方法の確立
飯島 政雄 化学・生物コース 地元企業 旨み成分の分析
佐藤  淳 電気・電子コース 県外公的機関 衛星データを用いたデータ収集の高度化
佐藤  淳 電気・電子コース 県内公的機関 災害情報管理システムの開発について
伊藤 滋啓 化学・生物コース 県内公的機関 運動と細菌の関連について
安齋 弘樹 情報コース 県外企業 融雪用発熱システムの開発
末永 文厚 機械コース 地元企業 乾燥機の性能解析

 

平成26年度

担当教員 所属学科 共同研究機関等 研究テーマ
佐々木裕之 機械工学科 福島大学 減速機構の性能評価
佐々木裕之 機械工学科 福島大学 減速機構の適合性検証並びに実用化性能評価
江口宇三郎 電気電子工学科 豊橋技術科学大学 材料の合成と応用開発
森谷 克彦 電気電子工学科 豊橋技術科学大学 太陽電池についての研究
江口宇三郎
吉木 宏之
電気電子工学科
電気電子工学科
豊橋技術科学大学 ナノ構造の応用に関する基礎的検討
吉木 宏之 電気電子工学科 長岡技術科学大学 安心・安全な殺菌処理法の研究
内山  潔 電気電子工学科 長岡技術科学大学 固体酸化物型燃料電池の開発
阿部 達雄 物質工学科 長岡技術科学大学 無機化学物質の生態影響評価
神田 和也 電気電子工学科 長岡技術科学大学 農業のICT化促進のための試作
佐藤  淳 電気電子工学科 長岡技術科学大学 PBLの実践とその到達度評価
武市 義弘 電気電子工学科 長岡技術科学大学
宝賀  剛 電気電子工学科 長岡技術科学大学
主濱 祐二 総合科学科 長岡技術科学大学 技術者のための教養教育の実践研究および教材化
安田  新 制御情報工学科 長岡技術科学大学
森永 隆志
佐藤 貴哉
物質工学科
物質工学科
県外企業 ゴム用配合剤への応用研究
佐藤  淳 電気電子工学科 地元企業 X線を用いる検査装置に関する研究
佐藤 貴哉
飯島 政雄
佐藤  司
物質工学科
物質工学科
物質工学科
地元企業 繊維の応用技術の開発及び評価研究
佐藤  淳 電気電子工学科 県外企業 衛星データを用いたデータ収集の高度化
佐藤 貴哉 物質工学科 県外企業 リチウムイオン電池応用・実用化
神田 和也 電気電子工学科 地元企業 メディアアート型水槽の開発
斎藤 菜摘 総合科学科 地元企業 腸内環境および生体に及ぼす影響に関する研究
栁本 憲作
當摩 栄路
田中  浩
制御情報工学科
機械工学科
機械工学科
地元企業 ①シャフト振れの原因・低減手法の明確化
②ギヤシャフト振れ量と騒音の関係について
吉木 宏之 電気電子工学科 県内公的機関 新規非加熱殺菌技術に関する研究
吉木 宏之
斎藤 菜摘
電気電子工学科
総合科学科
県外企業 殺菌水の生成検討
田中  浩 機械工学科 県外企業 切削工具の長寿命化技術の開発
金  帝演 制御情報工学科 県外公的機関 モビリティロボットの安全性及びナビゲーションに関する研究
末永 文厚
佐藤 大輔
機械工学科
教育研究技術支援センター
地元企業 木質バイオマス装置の環境影響解析
飯島 政雄 物質工学科 地元企業 絹精錬廃液に含まれるセリシンの抽出方法の研究
佐藤  淳 電気電子工学科 県内公的機関 災害情報管理システムの開発について

 

平成25年度

担当教員 所属学科 共同研究機関等 研究テーマ
佐々木 裕之 機械工学科 福島大学 減速機構の性能評価
神田 和也 電気電子工学科 長岡技術科学大学 バイオミメティックス技術創発
主濱 祐二 総合科学科 長岡技術科学大学 CP領域の比較統語論的研究
佐藤 司 物質工学科 長岡技術科学大学 オゾンマイクロバブル消毒技術の開発
内山 潔 電気電子工学科 長岡技術科学大学 固体酸化物形燃料電池の開発
阿部 達雄 物質工学科 長岡技術科学大学 使用済燃料からの元素分離に関わる基礎研究
吉木 宏之 電気電子工学科 豊橋技術科学大学 電気デバイス開発における基礎的検討
江口 宇三郎 電気電子工学科 豊橋技術科学大学 電気デバイス開発における基礎的検討
佐藤 淳 電気電子工学科 豊橋技術科学大学 FPGA応用
森永 隆志
佐藤 貴哉
物質工学科
物質工学科
県外企業 ゴム用配合剤に関する研究
内山 潔 電気電子工学科 県外企業 回路基盤開発の研究
佐藤 淳 電気電子工学科 地元企業 X線を用いる検査装置に関する研究
神田 和也 電気電子工学科 地元企業 メディアアート型水槽の開発
神田 和也 電気電子工学科 地元企業 実験室環境モニタリングシステムの構築
佐藤 貴哉
飯島 政雄
佐藤 司
物質工学科
物質工学科
物質工学科
地元企業 繊維の応用技術の開発及び評価研究
佐藤 貴哉 物質工学科 県外企業 リチウムイオン電池応用・実用化
森永 隆志
佐藤 貴哉
矢作 友弘
物質工学科
物質工学科
教育研究技術支援センター
地元企業 合成に関する研究
田中 浩 機械工学科 県外公的機関 TA工具刃先の加工に関する研究
吉木 宏之 電気電子工学科 県内公的機関 新規非加熱殺菌技術に関する研究
田中 浩 機械工学科 県外企業 切削工具の長寿命化技術と創成技術の開発
栁本 憲作 制御情報工学科 県外企業 ①音響疲労に伴う音質評価
②熱解析と実機の比較研究
本橋 元 機械工学科 県内 小水力発電による研究
佐藤 淳 電気電子工学科 県外企業 衛星データを用いたデータ収集の高度化
佐藤 貴哉 物質工学科 県外企業 電解液の研究開発
渡部 誠二
栁本 憲作
制御情報工学科
制御情報工学科
県外企業 ヘッド打音解析の研究
末永 文厚
佐藤 大輔
機械工学科
教育研究技術支援センター
地元企業 木質バイオマス装置の熱的解析

 

平成24年度

担当教員 所属学科 共同研究機関等 研究テーマ
森永 隆志
佐藤 貴哉
矢作 友弘
物質工学科
物質工学科
教育研究技術支援センター
地元企業 合成に関する研究
佐藤 貴哉
飯島 政雄
佐藤 司
物質工学科
物質工学科
物質工学科
地元企業 繊維の応用技術の開発及び評価研究
森永 隆志
佐藤 貴哉
物質工学科
物質工学科
県外企業 ゴム用配合剤への応用研究
佐藤 貴哉 物質工学科 県外企業 新エネルギーベンチャー技術革新事業
栁本 憲作 制御情報工学科 県外企業 ①寿命試験における定性・定量化の研究
②熱流体における実験と解析の比較研究
神田 和也 電気電子工学科 地元企業 実験室環境モニタリングシステムの構築
神田 和也 電気電子工学科 地元企業 オイル産生微細藻類展示用メディアアート型水槽の開発
佐藤 淳 電気電子工学科 地元企業 X線を用いる検査装置に関する研究
内山 潔 電気電子工学科 県外企業 回路基盤開発の研究
田中 浩 機械工学科 県外企業 TA工具刃先の加工に関する研究
田中 浩 機械工学科 県外公的機関 切削工具刃先加工技術の開発
吉木 宏之 電気電子工学科 県内公的機関 プラズマガス-マイクロバブルを利用した県産農産物に関する研究
江口 宇三郎 電気電子工学科 豊橋技術科学大学 電子デバイス開発における基礎的検討
佐藤 淳 電気電子工学科 豊橋技術科学大学 マルチモーダルセンサによる開発
神田 和也 電気電子工学科 長岡技術科学大学 触覚提示装置開発
内山 潔 電気電子工学科 長岡技術科学大学 固体電解質の燃料電池応用
佐藤 貴哉
森永 隆志
物質工学科
物質工学科
長岡技術科学大学 ナトリウムイオン電池の開発
三上 貴司 物質工学科 長岡技術科学大学 水、食料、バイオマス、資源に関する次世代技術開発を通した教育連携・拠点形成

 

共同研究に関するお問合せはこちらへ

総務課企画・連携係
 電話: 0235-25-9453/9159
 FAX: 0235-24-1840
 住所: 〒997-8511 山形県鶴岡市井岡字沢田104
 Mail: kikaku@
※@以降に「tsuruoka-nct.ac.jp」とご入力ください。
 直接各研究者にお問い合わせいただいても結構です。その場合は各研究(シーズ)紹介ページに掲載のe-mailをご利用ください。但しe-mailアドレスの@以降に「tsuruoka-nct.ac.jp」とご入力ください。

 

リンク集