環境方針

環境への取組みについて

鶴岡工業高等専門学校環境方針

1. 基本理念

 鶴岡工業高等専門学校は、地球環境問題が現在における最重要課題の一つであると考えます。地球環境保全への貢献のためには、教育・環境を積極的に展開していくことが重要であり、地球環境との共生を柱とした環境との調和と環境負荷の低減に努めます。

2. 基本方針
  1. すべての活動から発生する地球環境に対する負荷の低減と汚染の予防に努める。
  2. 地域社会との連携による環境保全活動に積極的に参画するとともに環境保全技術に関する教育・研究の実践を進める。
  3. すべての活動に関わる環境関連法規、条例、協定及び自主規制の要求事項を遵守する。
  4. この環境方針を達成するため、環境目的及び目標を設定し、教職員、学生が協力してこれらの達成に努める。
  5. 環境マネジメント組織を確立し、環境目的及び目標の定期的な見直しと継続的な改善を実施する。

この環境方針は、文書化し、鶴岡工業高等専門学校のすべての関係者に周知するとともに、文書及びインターネットのホームページを用いて一般の人に開示します。
 

鶴岡工業高等専門学校環境目的及び目標

環境目的
  1. 教職員、学生全員は、地球環境問題の重要性を認識し、環境保全活動に努める。
  2. 地域社会と連携し、環境保全活動を積極的に推進する。環境関連法規等を遵守し、環境教育の徹底を図る。
環境目標
  1. 常に廃棄物等のリサイクルを心がけ、ゴミの分別と減量に努める。
  2. 地球温暖化防止、CO2排出削減のため、節電、節水など省資源、省エネルギーに努める。
  3. 教室、実験室などの整理整頓を心がけ、清潔な環境維持に努める。
  4. 地域社会で行われる環境保全のイベント等には、学校及び個人としても積極的に参加し、協力するように努める。
具体的実践事項
  1. ゴミ減量対策
    1. 学校にゴミとなるものを持ち込まない。
    2. 手元分別を心がけ実践する。
    3. 印刷した紙は全て資源として回収する。
  2. CO2削減対策
    1. 節電・節水を心がけ実行する。
    2. 身の回りでできる省エネ対策を考え、実行する。
    3. 校舎を清潔に、物を大切にする。
実践要項
組織体制