基盤教育グループ

高度な技術を身につけた優れた実践的技術者として産業界で活躍するためには、専門的な知識や技術の修得はもちろん、幅広い知識や豊かな教養を身につけ人間性を高めることが大切です。そのための教科が「一般科目」で、基盤教育グループの教員が担当します。
一般科目は、専門のさまざまな問題を的確にとらえ柔軟に対処できる基本的な能力を養うことを目指す基礎専門科目と、産業界の国際化に対処できる能力と情操豊かで健全な社会人の育成を目指す一般教養科目から成っています。低学年を中心に高学年まで授業が行われ、優れた技術者を養成するための重要な役割を担っています。

教育課程

創造工学科 

一般科目 (平成27年度 本科第1学年)

区分 授 業 科 目 単位数 学 年 別 履 修 単 位 数
1年 2年 3年 4年 5年



国語 9 3 3 3
地理 3 3
倫理 2 2
歴史 4 3 1
政治・経済 2 2
数学Ⅰ 11 4 4 3
数学Ⅱ 6 2 2 2
英語Ⅰ 8 3 3 2
英語Ⅱ 8 3 3 2
化学 4 3 1
物理 5 3 2
生物 1 1
音楽 1 1
美術 1 1
保健・体育 7 3 2 2
履 修 単 位 数 72 28 25 19 0 0




英語 2 2
保健・体育 3 2 1
ドイツ語 3 1 2
語学演習 1 1
国際政治 1 1
地理学 1 1
英語表現法 1 1
履 修 単 位 数 12 0 0 0 5 7

※卒業に必要な修得単位数(合計167単位のうち、一般科目75単位以上、専門科目82単位以上)を考慮し、各自にて選択する。

学科共通必修科目 (創造工学科のみ該当)

区分 授 業 科 目 単位数 学年別履修単位数
1年 2年 3年 4年 5年








情報リテラシー 1 1
地域コミュニティ学 1 1
総合工学 5 1 1 1 2
創造基礎実習 2 2
工学実験・実習 9 2 2 3 2
応用数学 5 3 2
応用物理 2 2
生産工学 1 1
卒業研究 12 12
履 修 単 位 数 38 5 3 3 10 17

機械工学科・電気電子工学科・制御情報工学科・物質工学科

一般科目 (平成27年度 本科第2学年~第5学年)

区分 授 業 科 目 単位数 学 年 別 履 修 単 位 数
1年 2年 3年 4年 5年



国語 9 3 3 3
地理 3 3
倫理 2 2
歴史 4 3 1
政治・経済 2 2
数学Ⅰ 11 4 4 3
数学Ⅱ 6 2 2 2
英語Ⅰ 8 3 3 2
英語Ⅱ 8 3 3 2
化学 4 3 1
物理 5 3 2
生物 1 1
音楽 1 1
美術 1 1
保健・体育 7 3 2 2
保健・体育 10 3 2 2 2 1
国語 9 3 3 3
英語Ⅰ 10 3 3 2 2
英語Ⅱ 8 3 3 2
ドイツ語 4 2 2
語学演習 1 1
履 修 単 位 数 100 32 33 25 6 4

 

共通選択科目 (機械工学科・電気電子工学科・制御情報工学科・物質工学科のみ該当)

区分 授 業 科 目 単位数 学 年 別 履 修 単 位 数
1年 2年 3年 4年 5年






ディジタル制御システム 1 1
医療福祉機器工学 1
数理科学 1
生産工学 1 1
環境生態学 1
国際政治※ 1
地球環境科学 1 1
音と福祉工学 1
英語表現法※ 1
電子デバイス 1 1
エネルギー変換工学 1
地理学※ 1
履 修 単 位 数 4 0 0 0 0 4

 

教員及び専門分野

 

氏名 職名 学位等 専門分野
澤     祥 教授 教育学修士 自然地理学、地形学、活断層研究
上 松 和 弘 教授 理学博士 代数幾何学、複素幾何学
本 間 浩 二 教授 修士(スポーツ科学) ラグビー
田 邊 英一郎 准教授 教育学修士 英語学、英語教育学
加 田 謙一郎 准教授 修士(文学) 国文学
山 田 充 昭 准教授 博士(文学) 日本史学
阿 部 秀 樹 准教授 博士(英語学) 英語音声学・音韻論、第二言語の音韻習得
野々村 和 晃 准教授 博士(理学) 環論
薄 葉 祐 子 准教授 修士(経営学) 女性労働論
木 村 太 郎 講師 博士(理学) 微分幾何学
田 阪 文 規 講師 博士(理学) 群論
菅 野 智 城 講師 修士(文学) 英語、イギリス文学(英詩)
三 浦   崇 助教 博士(理学) 整数論
森 木 三 穂 助教 修士(文学) 国文学
松 橋 将 太 助教 修士(コーチング科学・スポーツ科学) トレーニング方法論
丹 生 直 子 助教 学士(言語・地域文化) 言語教育学
佐 藤  涼 特命助教 博士(薬科学) 分析化学、クロマトグラフィー、質量分析

所有設備

総合科学科の所有設備はこちら