化学・生物コース

 

今、世界は、地球温暖化が原因とも考えられている気象変動や資源の枯渇に対する不安、経済発展によるエネルギー消費量の増大等、これまでに私たちが経験してきたことのない様々な課題で溢れようとしています。どこかの国の出来事がすぐに世界を巻き込んだ問題へと変化していきます。
このような世界規模のめまぐるしい変化の中で生活水準を維持し、さらに発展させるためには、これまでに無い物質や材料の開発が絶対に必要になります。またすでにある製品のリサイクル方法や効率の良い生産方法の発見も重要な課題です。
そこで「化学・生物コース」では、これからやって来る様々な課題に対応することが出来る技術者を養成することを目的として、物資・材料に関する化学やバイオテクノロジーの基礎を学ぶために必要な学習環境を提供します。学習の基本は豊富な実験・実習であると考え、これらの時間を確保し、新技術の開発や応用についての基礎的な理論と実践を低学年から学びます。そして4年生からは基礎応用技術を主とした物質と生物のコース選択制を導入しています。2年後には新たな改革を行い「材料工学」「資源エネルギー」「環境バイオ」の3分野と、より高度な教育システムの「アドバンスドコース」が選択できるようになります。卒業研究では「1人に1テーマ」のもとで少人数教育を行い、技術者となるために必要な知識やセンスを学ぶことができます。

教育課程(令和2年度 本科第1学年~第5学年)
区分 授 業 科 目 単位数 学 年 別 履 修 単 位 数
1年 2年 3年 4年 5年





応用物理Ⅰ 2     2    
分析化学 2   2      
無機化学 2     2    
有機化学 2     2    
物理化学 2     2    
基礎生物学 2     2    
化学工学 1     1    
物質化学実験 3   1 2    
履  修  単  位  数 16 0 3 13 0 0



物理化学 2       2  
機器分析 2       2  
無機化学 2       2  
有機化学 2       2  
生物化学 2       2  
環境とエネルギー 1         1
工業英語 2       1 1
機械工学概論 1         1
材料化学 2       2  
化学工学 2       2  
情報処理演習 2         2
計算機実習 1       1  
計測制御 2       2  
生物工学基礎 2       2  
履  修  単  位  数 25 0 0 0 20 5

※4、5年生は、4年次で選択した分野の科目を併せて履修する。

 

教員及び専門分野

氏名 職名 学位等 専門分野 所属分野 シーズ

 佐 藤 貴 哉

 [研究室]

教授 博士(工学) 機能高分子化学、材料化学  
瀬 川   透 教授 理学博士 有機化学、有機光化学 材料工学
戸 嶋 茂 郎 教授 工学博士 電気化学 材料工学
森 永 隆 志 教授 博士(工学) 高分子化学、材料化学 資源エネルギー
上 條 利 夫 教授 博士(理学) 分析化学、材料科学、トライボロジー 資源エネルギー
佐 藤   司 教授 博士(工学) 高分子化学 材料工学
南     淳 准教授 博士(理学) 分子生態学、植物生理学 環境バイオ
斎 藤 菜 摘 准教授 博士(薬学) 微生物メタボロミクス、生化学 環境バイオ
伊 藤 滋 啓 准教授 博士(工学) 無機化学、結晶化学、材料科学 資源エネルギー
小 寺 喬 之 准教授 博士(工学) 化学工学、無機化学、材料科学 資源エネルギー
阿 部 達 雄 助教 博士(工学) 環境化学、生物化学、分析化学 環境バイオ
松 浦 由美子 助教 博士(理学) 無機化学、触媒化学 材料工学
久 保 響 子 助教 Dr. rer. nat. 微生物生態学、環境微生物学 環境バイオ
佐 藤   涼 特命助教 博士(薬科学) 分析化学、クロマトグラフィー、質量分析  

 

所有設備

化学・生物コースの所有設備はこちら

◎中学生のための化学実験講座