地域連携センター

「地域連携センター」は、センター内に地域連携部門(産官学連携及び科学技術教育)、人材育成部門(キャリア&CO-OP教育)、K-ARC部門の3部門を設置しております。

地域連携センター長挨拶

 地域連携センターは,地域の皆様との連携を更に強化し,拠点となれるよう,前身の地域共同テクノセンター改め,平成26年度から活動をスタートしている組織です。

本センターの目的は,「本校において蓄積した技術開発及び研究成果をベースに,地域企業との技術及び研究交流を推進して地域社会の発展に寄与するとともに,本校の教育研究の充実発展に資すること」となっています。すなわち,「地域社会・地域企業等と高専とのパイプ役」となることです。そのためには,鶴岡高専の現在のシーズを地域の皆さんに知っていただくこと,地域のニーズを鶴岡高専の研究者・技術者が理解すること,この相互理解が地域連携の基礎であると考えます。そのために,鶴岡高専から地域の皆様へ絶え間なく情報発信していくと共に,地域の皆様からは鶴岡高専に自分の庭のようにお立ち寄りいただける環境作りを進めてまいります。

加えて,地域に貢献できる人材育成・輩出にも努めてまいります。本校の学生や企業の技術者を対象とした科学技術講座,キャリア教育,そしてCO-OP教育等を,地域の皆様と協働し,実践したいと考えます。今後ともご指導,ご協力のほどよろしくお願いいたします。

地域連携センター長

鶴岡高専 創造工学科 機械コース 教授 田中 浩

 

運営組織図

chiiki_unnei

地域連携センター活動概要

地域連携センターにおける地域協力活動は、以下のとおり分類することができる。

1.共同研究・研究協力・技術支援 等

2.啓発活動(各講座・講習会 等)

3.社会的要請への対応(出張授業、地域イベント 等)

4.教育機関と地域との協働教育(キャリア教育、CO-OP教育 等)

 

1~3の詳細はこちらをクリック 4の詳細はこちらをクリック

K-ARC