What is 高専?

What is 高専?

高専とは

高等専門学校は、中学校卒業後の学生を対象に5年間の一貫した技術教育によって、専門技術者の育成に当たっている高等教育機関です。

さらに、卒業後2年間専攻科で学習することによって大学評価・学位授与機構から学士(工学)の学位が与えられることにより、大学卒業者と同等の資格を得ることができます。

鶴岡高専の準学士課程(5年制の本科課程)では創造性に富み起業家精神のある技術者、適応力が高く国際社会で活躍できる技術者、人間力を備え自立して問題解決のできる技術者を養成します。そのため、「自学自習」・「理魂工才」の校訓の下、基礎工学、融合・複合科目、実用英語、文化・教養、保健・体育など、幅広く調和のとれたカリキュラムを用意しています。
また、鶴岡高専は平成27年度に学科改組し、改組後は「創造工学科」の1学科のみとなります。
1年次は共通授業を受け、2・3年次は情報、電気・電子、機械、化学・生物の4コースに分かれます。
4年次は2・3年次の4コースの専門性を高める4分野(ITソフトウェア、エレクトロニクス、デザイン工学、環境バイオ)、融合複合3分野(メカトロニクス、資源エネルギー、材料工学)の計7分野から1分野を選択します。
なお、3年次で成績優秀者を選抜し、4・5年次でのより高い技術力とコミュニケーション能力を養うためのアドバンスト・スチューデント制度により、準学士課程を卒業後に専攻科へ試験免除で進学ができます。
準学士課程を卒業すると準学士(工学)の称号が与えられ、専攻科課程を修了すると大学卒業と同じ学士(工学)の学位を得ることが可能です。

さらに、文化部や運動部の課外活動を重視し、学寮における人間教育にも力を入れています。

「就職もよし、進学もよし」が本校学生の合い言葉です。

基本教育目標

  1. 豊かな人間性と広い視野を持ち、社会人としての倫理を身につける
  2. あらゆる学習を通じて思考力を鍛え、創造力に富んだ技術者になる
  3. 専門分野の基礎を良く理解し、実際の問題に応用できる能力を培う
  4. 意思伝達及び相互理解のため、十分なコミュニケーション力を養う

 

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

Ⅰ.創造工学科

  • 技術や科学に関心があり、社会に貢献する技術者への夢を抱いている人
  • 学習意欲が高く、数学、理科、国語、英語の基礎力が備わっている人
  • 自分の頭や手を使って「ものづくり」をすることが好きな人
  • 学校の「基本教育目標」を理解し、目標に向かって粘り強く積極的に行動できる人

 

特に、以下のような人が望ましい。
  • メカトロニクスやロボットなどのものづくり技術を学びたい人
  • コンピュータが好きで、インターネットの原理やプログラムのしくみ、それらの応用技術に興味のある人
  • 電気製品のしくみや動作の原理に関心があり、電子工作が好きな人
  • 機械のしくみに興味があり、コンピュータによる設計やものづくりの基礎を習得し、良い製品を作りたい人
  • 生命現象に興味・関心があり、人間と生物と環境が調和した豊かな社会づくりに貢献したい人
  • 化学現象に興味を持ち、身の回りにある材料の性質や働きを学びたい人
  • 資源やエネルギーのことを考え、太陽光発電や燃料電池などのクリーンなエネルギーの創造や利用に関心のある人

 

Ⅱ.専攻科

  • 科学技術への関心が高く、研究に対して意欲がある人
  • 発想に独自性があり、チャレンジ精神に富んだ人
  • 技術や科学の専門基礎力を有し、より高度で実践的な技術の修得を目指す人