地域企業参加型・専攻科生研究発表会を開催しました

 令和6年1月19日(金)、本校8号館において「-地域企業参加型- 専攻科生研究発表会」を開催しました。

 この発表会は、地域企業の皆様に専攻科1年生の研究発表を聴講いただき、企業の皆様と学生が直接意見を交換する場として、毎年開催しているものです。

 本年度は、発表会に先立ち、キャリア教育の一環としてキャリアセミナーを開催し、地域企業4社より、自社の事業内容や求める人材等についてご講演いただきました。引き続き、研究発表会に移り、学生がポスターセッション形式で自身の研究内容を発表し、教員や企業の皆様からの質問に答えました。企業の皆様からは貴重なお話やご意見をいただき、学生にとっては有益な情報交換の場となり、研究意欲の向上や新たな課題の発見にも繋がりました。

 その後、地域企業5社より自社の展示ブースを設けていただきました。各ブースでは学生に対し、自社製品や産業界の現状について詳しくご説明いただきました。学生はブースでの説明に真剣に耳を傾け、質疑応答も活発に行われました。

 閉会式では、教員及び参加企業の皆様の投票によって選ばれた優秀ポスター賞2件と鶴岡高専技術振興会賞2件の表彰が行われ、優秀ポスター賞には、村山 堅亮 君と佐藤 世菜さんが、技術振興会賞には、門脇 大和 君と佐藤 萌衣さんが選ばれました。

 学生が地域企業の皆様と直接お会いする機会が少ない中、今回は対面でじっくり時間をかけて中身のあるディスカッションを行うことができ、大変有意義な会となりました。お忙しい中ご参加いただいた企業の皆様、誠にありがとうございました。

キャリアセミナーの様子 研究発表の様子
   
   

研究発表の様子

研究発表の様子

受賞者記念撮影
(左から門脇君、村山君、太田校長、戸嶋専攻科長、佐藤世菜さん、佐藤萌衣さん)

 

▼カテゴリ