電気自動車の実物展示を行いました

 10月16日(金)に、ベトナムの機械系教員の方が来校されました。
 その中で、一関高専と企業が開発した電気自動車(実践型トレーニングキット PIUS)について実物展示を行いました。
 この電気自動車PIUS(ピウス)は「次世代モビリティ教育の教材」として開発されたもので、36Vの鉛蓄電で、1回の充電で約25km走行可能、約100種類のコンポーネントで構成されています。通常の教室にも運び入れることのできるコンパクトサイズで、将来的に様々な分野での教材として非常に興味深いものでした。
 今回は、ベトナムからの教員の方々にも実際に試乗して頂きました。
 

▼カテゴリ