エコロボコン2011を開催しました

 8月6日(土)、本校を会場に、県内の中学1、2年生を対象にした「中学生対抗エコロボコン2011」を開催しました。
 同事業は、子どもたちに、エネルギー問題や環境問題の重要性、緊急性を自ら認識してもらい、ロボットの製作を通して、「モノづくり」の面白さ、楽しさを実体験してもらおうと株式会社山形銀行と共催で開催しており、4回目となる今回は、14チーム27人が参加しました。
 競技に先立ち、「再生/持続可能とサイクル」をテーマに、本校の丹省一名誉教授の講義が行われ、その後、ロボットの製作に取り組みました。
 エコロボコンでは、ロボット製作時に使用するスチロールカッター及び競技中のロボットの電源は、屋外に設置した太陽電池パネルから供給したものを使用します。
 今年は、断熱材などに使われるスタイロフォームをボディに、モーター2個を組み合わせてホッケーロボットの製作に挑戦してもらいましたが、モーターの位置や、ボディのデザインなど、各チームそれぞれが工夫を凝らし、個性あふれるロボットが完成しました。
 製作したロボットによるホッケー競技は、予選リーグ、決勝トーナメント方式で行われ、参加者はロボットをリモコンで巧みに操作し熱戦を繰り広げました。

屋外に設置したソーラーパネル 製作時に使用したスチロールカッターもソーラーパネルからの電力を使用
ホッケー対戦では、中央のパックをより多く相手側に押し込んだ方が勝ち コントローラーを持つ手にも力が入ります
【優勝】鶴岡市立第四中学校
五十嵐匠海くん、日下部太星くんチーム
独創的なデザインの大きなロボットで、他を寄せ付けない圧倒的な強さでした。
(右:堤山形銀行取締役営業企画部長、左:佐々木裕之准教授)
【準優勝】鶴岡市立第四中学校
白旗荘汰くん、難波好央くんチーム
シンプルなデザインながら、安定感とコントロールの良さは抜群でした。
(右:佐藤浩副校長、左:佐々木裕之准教授)
【3位】山形市立山寺中学校
笹原圭太くん、武田優弥くんチーム
ホッケーゲームの特徴をうまくとらえ、ロボットのデザインに反映させました。
【参加してくれたみなさん】
熱戦を繰り広げた参加者のみなさん。
どうもありがとうございました。
▼カテゴリ