本科電気・電子コースの学生が「第33回電気学会東京支部新潟支所発表会」において受賞しました

令和5年10月28日に開催された「第33回電気学会東京支部新潟支所発表会」において、本校創造工学科電気・電子コース5年の清野悠大(ゆうだい)さんが「優秀発表賞」を受賞しました。

清野さんは、「低コスト太陽電池吸収層Cu2SnS3薄膜の熱処理時の保持時間による影響」をテーマに講演を行い、参加者の大半を企業の研究者、大学院生、大学生が占める中、選考によって35歳以下の若手講演者に贈られる優秀発表賞を見事受賞しました。

12月20日(水)には、清野さんと指導教員である森谷准教授が、校長に受賞報告を行い、校長からは労いと激励の言葉が贈られました。
受賞された清野さんの今後の活躍がますます期待されます。

【優秀発表賞】清野 悠大さん
【講演題目】 低コスト太陽電池吸収層Cu2SnS3薄膜の熱処理時の保持時間による影響

校長室での報告会の様子
左から太田校長、清野さん、森谷准教授
▼カテゴリ