専攻科応用化学コース学生4名がGEAR5.0 第2回ライフサイエンスカンファレンス in Okinawa KOSENの優秀発表者として表彰されました。

専攻科応用化学コース、微生物工学研究室(斎藤研)の専攻科生2年小島優大さん、齋藤穣さん、升水友太さん、および、専攻科1年の佐藤花さんが、GEAR5.0防災・減災・防疫(ライフサイエンス拠点)プログラムの一環で令和5年9月13, 14日に開催された第2回ライフサイエンスカンファレンス in Okinawa KOSEN において行った研究発表が優秀であると認められて表彰されました。
GEAR5.0は、未来技術の社会実装教育の高度化に向けた人材育成プログラムで、学生を主体とした研究活動を基盤として地域や社会の課題を解決しようとすることを目指しています。GEAR5.0防災・減災・防疫(ライフサイエンス拠点)は、沖縄高専が拠点校となり、鶴岡、長岡、和歌山、新居浜、宇部高専が連携しています。
第2回ライフサイエンスカンファレンスでは、この6高専のカンファレンスに参加した学生が研究ポスター発表を行い、審査に基づいて26件の発表から優秀な発表が8件選出されました。その中でも特に優秀な4件の発表が副賞付きで表彰され、そのうち3件が鶴岡高専の小島さん、齋藤さん、升水さんという快挙でした。
10月10日には、同研究室の齋藤さん、升水さん、佐藤さんの3名が指導教員の斎藤准教授とともに校長室を訪れ、今回の受賞を太田校長に報告しました。
懇談の席で太田校長からは、今後の進路や積極的に学会発表することの重要性とともに激励の言葉が贈られました。
受賞した斎藤研究室の学生の皆さん、この度の受賞おめでとうございました。

      表彰の写真
前列左:鶴岡高専 専攻科応用化学コース1年 佐藤花さん
後列左から2番目:専攻科応用化学コース2年 小島優大さん
後列右から2番目:専攻科応用化学コース2年 齋藤穣さん
後列右から3番目:専攻科応用化学コース2年 升水友太さん
      校長報告会の写真
前列左から、佐藤さん、升水さん、齋藤さん ※小島さんは欠席
後列左から、太田校長、斎藤准教授

 

▼カテゴリ