教員業績

ふりがな

氏  名

よしき ひろゆき

吉木 宏之

 

所 属・職

電気・電子コース

エレクトロ二クス分野

教授

学  歴

 

 

・慶應義塾大学工学部卒業

 昭和593

・慶應義塾大学大学院工学研究科

 博士前期課程修了 昭和613

・大阪大学大学院理学研究科博士前期課程 

 修了 昭和633

・大阪大学大学院理学研究科博士後期課程 

 修了 平成33

学  位

 

称  号

・工学修士

(慶應義塾大学)

・理学博士

(大阪大学)

経  歴

平成 9 4月 鶴岡工業高等専門学校機械工学科 講師

平成124月 鶴岡工業高等専門学校電気工学科 助教授

平成174月 鶴岡工業高等専門学校電気電子工学科 助教授

平成194月 鶴岡工業高等専門学校電気電子工学科 准教授

平成224月 鶴岡工業高等専門学校総合科学科 教授

平成244月 鶴岡工業高等専門学校電気電子工学科 教授

平成274月 鶴岡工業高等専門学校創造工学科電気・電子コース 教授

専門分野

プラズマ科学、材料加工・処理、原子核物理学

研究テーマ

大気圧プラズマ源の開発と材料処理への応用

大気圧プラズマを用いた水処理・液中プロセスの研究

所属学会

応用物理学会,日本物理学会,日本真空学会,放電学会,米国物理学会(APS

担当科目

本 科:物理U、応用物理T・U

専攻科:物理学特論

主な著書

プラズマラジカル流のバブリングを用いた水処理技術, 平成25年12月, 排水・汚水処理技術集成 Vol. 2, pp.241-248,潟Gヌ・ティー・エス,全 397

主な論文

簡易型汚水処理を可能にするプラズマ・バブリング装置の開発,平成28年1月,ケミカルエンジニヤリング, 61 1pp.71-76

大気圧高周波プラズマによるガラス細管内壁の二酸化チタンコーティング,平成26年4月,J. Vac. Soc. Jpn.(真空), Vol.57,No.4pp.163-166

  Localized Etching of a Polyimide Film by an Atmospheric-Pressure Radio Frequency Microplasma Excited by a 100-μm-φ Metal Pipe Electrode,平成22年8月,Jpn. J. Appl. Phys., Vol.49pp.08JJ02-1-4

SiO2 film deposition on the inner wall of a narrow polymer tube by a capacitively coupled μplasma,平成22年2月,Thin Solid Films,Vol.518

  pp.3526-3530

  Magnetized microplasmas generated in a narrow quartz tube,平成21年7月,Appl. Phys. Lett., Vol.95, pp. 021501-3

主な特許等

1 液体処理装置,平成23年 4月,特願2011-097825,特許第5099612

2 マイクロ波プラズマ処理装置,平成11年 9月,特開2001-085194,特許第3889906

3 プラズマ処理装置,平成8年 5月,特開平10-189295,特許第3878267

4 マイクロ波励起光源,平成8年 5月,特開平07-263159,特許第3519116

5 プラズマ処理装置,平成6年 4月,特開平06-091161,特許第3388811

主な招待講演

Decomposition of Organic Compounds and Sterilization Using a Compact Plasma-gas Bubbling System,平成26年12月,1st Taiwan-Japan Workshop on Plasma Life Science and TechnologyHsinchuTaiwan

校  務

 

副校長(研究・地域連携担当)、地域連携センター長、教育研究技術支援センター長、発明委員会委員長、教育研究技術支援センター運営委員会委員長、動物実験委員会委員長、組換えDNA実験安全委員会委員長、ヒトを対象とする研究倫理審査委員会委員長、将来構想・戦略会議、運営会議、評価・改善委員会、教員業績評価委員会、情報セキュリティ管理委員会、モデルコアカリキュラム等等評価改善委員会

学級担任

なし

部活顧問

なし