教員業績

ふりがな

氏  名

さとう たかや

佐藤 貴哉

 

所 属・職

化学・生物コース

環境バイオ分野

教授

学  歴

 

 

・信州大学繊維学部卒業 昭和583

・信州大学大学院繊維学研究科修了

 昭和603

・博士(工学)京都大学 平成49

学  位

 

称  号

・修士(工学)

 信州大学

・博士(工学)

 京都大学

経  歴

平成154月 京都大学客員助教授(併任)

平成169月 鶴岡工業高等専門学校物質工学科 教授

平成274月 鶴岡工業高等専門学校創造工学科化学・生物コース 教授

専門分野

機能高分子化学,繊維化学,有機化学,蓄電デバイス材料

 

教員研究紹介は

研究テーマ

新しいポリマー電解質の開発と新エネルギーデバイスの研究

所属学会

高分子学会,電気化学会,繊維学会,セルロース学会,イオン液体研究会,

American Chemical Society

担当科目

本 科:有機化学(3年),物質化学実験(3年),物質工学基礎研究(4年)物質工学ゼミ(4年),工業英語(5年),卒業研究(5年)

外国語雑誌会(5年)

専攻科:総合技術論(1年),構造有機化学(12年),安全工学(2年),構造有機化学(12年),工業分析化学(1年),専攻科研究U(2年)

主な著書

1 Preparation, physicochemical properties and battery applications of a novel poly(ionic liquid),平成25年1月,InTech-Open Access Publisher,全706

2 Ionic Liquids for the Electric Double Layer Capacitor Applications,平成23年9月,InTech-Open Access Publisher,全516

3 高性能蓄電池,平成21年9月,株式会社エヌ・ティー・エス,全412

4 イオン性液体の機能創成と応用,平成16年2月,株式会社エヌ・ティー・エス,全147

5 生体内の高分子,平成15年12月,株式会社 エヌ・ティー・エス,全203

主な論文

1 Ahmed,K.; Watanabe,Y.; Higashihara,T.; Arafune,H.; Kamijo,T.; Morinaga,T.; Sato,T.; Makino,M.; Kawakami,M.; Furukawa,H. Investigation of mechanical properties and internal structure of novel ionic double-nework gels and comparison with conventional hydrogels, Microsystem Technologies. 2016, 22 (1), 17-24.

2 Morinaga,T.; Honma,S.; Ishizuka,T.; Kamijo,T.; Sato,T.*; Tsujii,Y. Synthesis of Monodisperse Silica Particles Grafted with Concentrated Ionic Liquid-Type Polymer Brushes by Surface-Initiated Atom Transfer Radical Polymerization for Use as a Solid State Polymer ElectrolytePolymers. 2016, Volume 8, Issue 4, 146.

3 Sato,T.; Marukane,S.; Morinaga,T.; Kamijo,T.; Arafune,H.; Tsujii,Y. High voltage electric double layer capacitor using a novel solid-state polymer electrolyte, Journal of Power Sources. 2015, 295, 108-116.

4 Arafune, H.; Kamijo,T.; Morinaga,T,; Honma,S.; Sato,T.; Tsujii, Y.    A Robust Lubrication System Using an Ionic Liquid Polymer Brush, Adv. Mater. Interfaces. 2015, 1500187R2, Volume 2, Issue 15.

5 Kamijo,T.; Arafune,H.; Morinaga,T.; Honma,S.; Sato,T.; Hino,M.; Mizukami,M.; Kurihara,K. Lubrication Properties of Ammonium-Based Ionic Liquids Confined between Silica Surfaces Using Resonance Shear Measurements, Langmuir (ACS Publications). 2015, 31(49), 13265-13270.

主な特許等

1 ポリマー複合微粒子を用いた高分子固体電解質を用いた電気化学デバイス,平成27年3月,登録番号 5705123

2 イオン液体ポリマー複合微粒子を用いた高分子固体電解質,平成24年9月,登録番号5093656

3 蓄電デバイス用電解液および電気二重層キャパシタ,平成24年9月,登録番号5083577

4 ポリマー電解質及びその製造方法,平成24年8月,登録番号5067728

5 電極板製造用塗工液,アンダーコート剤およびその使用,平成24年7月,登録番号5038751

主な招待講演

Ionic liquids for an electric double layer capacitor,平成28年6月, EMN Supercapacitor MeetingPragueCzech Republic.

イオン液体 / ポリマー複合材料を用いたソフトトライボシステムの開発, 平成27年11月,GRENE事業 グリーントライボ・イノベーション・ネットワーク& 東北発 素材技術先導プロジェクト 超低摩擦技術領域 連携シンポジウム, ホテルメトロポリタン仙台(仙台市)

Novel low friction systems using ionic liquids, 平成26年9月, Swiss-Japanese Tribology Meeting : Energy Savings through Tribology, ETH Zurich, Switzerland.

校  務

 

副校長(総務・教務担当),教務主事,創造工学科長,運営会議,将来構想・戦略会議,教員業績評価委員会,戦略企画プロジェクトチーム顧問,教務委員会委員長,入学試験委員会委員長,ハラスメント防止対策委員会委員長,情報セキュウリティ管理委員会,情報公開委員会,モデルコアカリキュラム・学科再編実行委員会委員長

学級担任

なし

部活顧問

ロボット技術研究部