教員業績

ふりがな

氏  名

しょうむら りょう

正村 亮

 

所 属・職

化学・生物コース

助教(任期付)

学  歴

 

 

筑波大学大学院 数理物質科学研究科

物質・材料工学専攻修了 平成243

学  位

 

称  号

博士(工学)筑波大学

経  歴

平成244月 ()物質・材料研究機構 高分子材料ユニット 博士研究員

平成2510月 鶴岡工業高等専門学校 物質工学科 助教

平成274月 鶴岡工業高等専門学校創造工学科化学・生物コース 助教

専門分野

有機化学、材料化学

 

教員研究紹介は

研究テーマ

イオン液体を用いたマルチユース電解質の開発

所属学会

日本化学会、高分子学会、繊維学会

担当科目

なし

 主な著書

 

なし

 主な論文

1      物質・材料研究機構におけるインターンシップの実施ナノ材料科学環境拠点短期RA 制度の活用―”森永 隆志,正村 ,伊藤 滋啓,佐藤 貴哉, 論文集「高専教育」第38号,466-471(2015)

2      “Electrochemical Generation and Spectroscopic Characterization of Charge Carriers within Isolated Planar Polythiophene” Ryo Shomura, Kazunori Sugiyasu, Takeshi Yasuda, Akira Sato, Masayuki Takeuchi, Macromolecules, 2012, 45, 3759-3771.

3      “Chiral phenylazomethine cage”
Ryo Shomura, Shuhei Higashibayashi, Hidehiro Sakurai, Yoshitaka Matsushita, Akira Sato, Masayoshi Higuchi, Tetrahedron Letters, 2012, 53, 783-785.

4      “Gold Nanoparticles with Cyclic Phenylazomethines: One-Pot Synthesis and Metal Ion Sensing” Ryo Shomura, Keum Jee Chung, Hideo Iwai, Masayoshi Higuchi, Langmuir, 2011, 27, 7972-7975.

5      “Sequential Metal Ion Assembly in Cyclic Phenylazomethine”
Masayoshi Higuchi, Ryo Shomura, Yuhki Ohtsuka, Akari Hayashi, Kimihisa Yamamoto, Dirk G. Kurth, Organic Letters, 2006, 8, 4723-4726.

主な特許等

 

1      「電解液およびリチウムイオン二次電池」特願2015-219955

2      「正極材料、負極材料、リチウムイオン二次電池用正極、リチウムイオン二次電池用負極、リチウムイオン二次電池、リチウムイオン二次電池用電解液、リチウムイオン二次電池スラリー」特願2015-171506

3      「金属ナノ粒子とそれを用いた電極並びに金ナノ粒子の製造方法」特許第5258117

4      「環状フェニルアゾメチンの製造方法」特許第5030087

5      Metal nanoparticles, an electrode using them and a process of preparing metal nanoparticlesUS 8,088,487 B2(米国)

主な招待講演

なし

校  務

なし

学級担任

なし

部活顧問

なし