教員業績

ふりがな

氏  名

せがわ とおる

P川 透

 

所 属・職

化学・生物コース

材料工学分野

教授

学  歴

 

 

・東北大学理学部卒業 昭和593

・東北大学大学院理学研究科博士課程前期

 2年の課程修了 昭和613

・東北大学大学院理学研究科博士課程後期

 3年の課程修了 平成元年3

学  位

 

称  号

理学博士(東北大学)

経  歴

平成元年 4月 鶴岡工業高等専門学校工業化学科 助手

平成4 4月 鶴岡工業高等専門学校工業化学科 講師

平成9 4月 鶴岡工業高等専門学校物質工学科 講師

平成124月 鶴岡工業高等専門学校物質工学科 助教授

平成194月 鶴岡工業高等専門学校物質工学科 准教授

平成2210月 鶴岡工業高等専門学校物質工学科 教授

平成274月 鶴岡工業高等専門学校創造工学科化学・生物コース 教授

専門分野

有機化学,光化学

 

教員研究紹介はこちら

研究テーマ

光応答性高分子の開発について

所属学会

日本化学会,光化学協会

担当科目

本 科:化学U,物質化学実験(3年),有機化学(4年)

物質工学基礎研究(4年),物質工学ゼミ(4年),有機電子論(5年)外国語雑誌会(5年),卒業研究(5年)

専攻科:総合技術論(1年),創造工学実習(1年),構造有機化学(2年)

主な著書

1 少しはやる気がある人のための自学自修用有機化学問題集,平成26年4月,裳華房,全242

主な論文

1 鶴岡高専における出前授業の取組と地域の理科教育拠点構築プログラム(現代GP),平成19年12月,技術・教育研究論文誌 (J. Technology and Education), 142号,pp.4549

2 早期教育による理科離れ防止策の試行 −中学校訪問実験の実施とその効果−,平成11年3月,論文集「高専教育」第22号,pp.521527

3 Photoinduced electron transfer reactions of chloranil with small-ring hydrocarbons. Contrasting reactivities of radical cation intermediates,平成9年1月,Journal of Photochemistry and Photobiology A:Chemistry 109巻第2号,pp.119-124

4 A Convenient Synthesis of 1,3-Dithiane Derivatives by Reaction of 4-Methyl- 1,3-dithiane-2-thione with Grignard Reagent and Butyllithium.,平成3年4月,Chemistry Letters, 1991,第20巻,pp.1315-1318

5 A Convenient Synthesis of Poly(alkylthio) Compounds from Trithiocarbonates.,平成2年7月,Sulfure Letters,第12巻第12号,pp.55-60

主な特許等

1 新規2,3-ジフェニル-6,6-ジシアノペンタフルベン誘導体、その製造方法、およびその化合物の2量体からなるフォトクロミック材料,平成10年12月,特開2000-169441,特願平10-377786

主な招待講演

日本化学会第96春季年会(2016)化学教育有功賞受賞講演(「中学生のための化学実験講座」を通じた化学教育への貢献)3016326日,同志社大学 京田辺キャンパス

校  務

 

化学・生物コース長,施設・設備マネジメント委員長、運営会議委員,教務委員会,入学試験委員会,進路指導委員会,情報セキュリティ管理委員会,情報公開委員会,教育研究技術支援センター運営委員会,動物実験委員会,組換えDNA実験安全委員会,モデルコアカリキュラム等評価検討委員会

学級担任

なし

部活顧問

女子バレーボール部