教員業績

ふりがな

氏  名

ほしな しんいちろう

保科 紳一郎

 

所 属・職

電気・電子コース

メカトロニクス分野

准教授

学  歴

 

 

・新潟大学工学部卒業 平成43

・新潟大学大学院工学研究科博士前期課程

 2年修了 平成63

・新潟大学大学院自然科学研究科

 博士後期課程3年 平成113

学  位

 

称  号

・修士(工学)

 新潟大学

・博士(工学)

 新潟大学

経  歴

平成124月 鶴岡工業高等専門学校電気工学科 助手

平成134月 鶴岡工業高等専門学校電気工学科 講師

平成144月 鶴岡工業高等専門学校電気工学科 助教授

平成174月 鶴岡工業高等専門学校電気電子工学科 助教授

平成194月 鶴岡工業高等専門学校電気電子工学科 准教授

平成274月 鶴岡工業高等専門学校創造工学科電気・電子コース 准教授

専門分野

電磁気学、電波工学、電子回路

研究テーマ

センサーとマイコンを組み合わせたリモートセンシングシステムの構築

所属学会

電子情報通信学会、IEEE

担当科目

本 科:総合工学TUW、電気磁気学TU、電気磁気学演習、工学実験・実習V

専攻科:電磁気応用工学、伝送システム工学

主な著書

なし

主な論文

1 自立型頭部高分子ゲルファントムによるSAR分布の可視化,平成14年5月,電子情報通信学会論文誌. BJ85-B巻,5号,pp.715-718

2 A numerical study on the measurement region of an open-ended coaxial probe used for complex permitivity measurement,平成13年9月,IEEE Transaction on Magnetics, vol. 37, No. 5pp. 3311-3314

3 高分子ゲルファントムを用いたSAR分布の計測-白濁形状と等電力吸収面の対応関係に関する検討-,平成10年10月,電子情報通信学会論文誌B-II J81-B-II巻,10号,pp.974-982

4 生体内熱現象の可視化を目的とした物理モデル,平成8年11月,日本機械学会論文集B編,60巻,579号,pp.3098-3704

5 高分子ゲルによる吸収エネルギー分布の三次元的観察法―電磁環境計測における生体モデルの検討―,平成6年9月,電子情報通信学会論文誌B-II J77-B-II巻,pp.487-495

主な特許等

なし

主な招待講演

なし

校  務

 

なし

学級担任

創造工学科電気・電子コース4年

部活顧問

陸上競技部