教員業績

ふりがな

氏  名

あべ たつお

阿部 達雄

 

所 属・職

化学・生物コース

資源エネルギー分野

助教

学  歴

 

 

・東京水産大学水産学部卒業

 平成83

・東京水産大学大学院水産学研究科

 博士前期課程修了 平成103

・東京工業大学大学院総合理工学研究科

 博士後期課程修了 平成133

学  位

 

称  号

・修士(水産学)

 東京水産大学

・博士(工学)

 東京工業大学

経  歴

平成167月 鶴岡工業高等専門学校物質工学科 助手

平成194月 鶴岡工業高等専門学校物質工学科 助教

平成274月 鶴岡工業高等専門学校創造工学科化学・生物コース 助教

平成274月〜平成283月 長岡技術科学大学物 質材料工学専攻 助教(在籍出向)

専門分野

生態影響評価,環境化学,天然物化学,イオン交換

 

教員研究紹介は

研究テーマ

環境生態系および化学物質安全性に関する研究

酸性雨に関する研究,無機イオン交換体に関する研究

所属学会

日本水環境学会,SETAC,化学工学会

担当科目

本 科:物質化学実験(2年),工学実験・実習T(2年)

物質工学基礎研究(4年),物質工学ゼミ(4年)

環境とエネルギー(5年),地球環境科学(5年),卒業研究(5年)

外国語雑誌会(5年)

専攻科:,専攻科実験(1年),環境化学(2年),工業分析化学(1年)

主な著書

なし

主な論文

1 Daphnia magna immobilization assay application to toxicity of metal sulfate and the effect of chelate in medium.,平成27年11月,Society of Environmental Toxicology and Chemistry (SETAC) North Americas 36th Annual Meeting, pp. 231

2 Fish partial life-cycle testing for the weak estrogen 4-tert-pentylphenol on medaka (Oryzias latipes): II. Effects on the gene expression of testicular P450 11beta-hydroxylase.,平成17年1月,Aquatic Toxicol., 71, pp. 121132

3 Development of vitellogenin assay for endocrine disruptors using madaka (Oryzias latipes).,平成16年11月,Environment Sciences, 11,pp. 99-121

4 Embryonic development assay with Daphnia magna: application to toxicity of aniline derivatives.,平成13年11月,Chemosphere, 45,

 pp. 487-495

5 Structure elucidation of roselipins, inhibitors of diacylglycerol acyltransferase produced by Gliocladium roseum KF-1040.,平成11年9月,The Journal of Antibiotics, Sep. 52 (9), pp. 815-826

主な特許等

なし

主な招待講演

なし

校  務

 

FD委員会、情報セキュリティ推進委員会、情報技術専門部

学級担任

(副)創造工学科化学・生物コース2年

部活顧問

ソフトテニス部