令和2年度本科第54回卒業証書授与式並びに専攻科第17回修了証書授与式を挙行いたしました

 3月19日(金)に、鶴岡市東原町のグランドエル・サンにおいて、令和2年度本科第54回卒業証書授与式並びに専攻科第17回修了証書授与式を挙行いたしました。
 本科卒業生は、機械コース36名、電気・電子コース34名、情報コース38名、化学・生物コース38名の計146名。モンゴル及びインドからの留学生2名を含みます。また、専攻科修了生は16名でした。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症防止の観点から、出席者は卒業生及び修了生並びにその保護者(学生1名につき1名まで)、教職員に限定したほか、当日はコースごとの入館時間設定、出入口での検温及び手指消毒、座席間の距離の確保、式典会場の常時換気といった感染防止対策を実施いたしました。
 卒業生・修了生の皆さんは、髙橋校長や在校生代表の渡部泰知さん(学生会長・情報コース4年)から激励され、卒業生・修了生を代表し、成田ジュースンさん(機械コース5年)が「高専で得た知識、経験を活かし、新たな選んだ道で挑戦していく。」と決意を述べました。
袴やスーツに身を包んだ卒業生・修了生の皆さんは、はじめは少し緊張した面持ちも見らましたが、出席した保護者の皆様及び教職員のあたたかい拍手に包まれ、最後は笑顔で式場を後にしました。
 新たな一歩を踏み出した162名の卒業生・修了生の皆さん。本校で培った実力を発揮され、今後ますます活躍されることを心から祈念いたします。

 

各コースの代表者へ卒業証書・修了証書が授与されました
髙橋校長・渡部学生会長が卒業生・修了生を激励しました

卒業生・修了生を代表し、成田ジュースンさん(5M)が答辞を読み上げました

 

▼カテゴリ