訪問実験「科学で遊ぶ」を開催しました

  11月16日(土)に、本校を会場として訪問実験「科学で遊ぶ」を開催し、鶴岡市立朝暘第一小学校6年生21名と保護者・兄弟姉妹30名の計51名が参加しました。

  訪問実験「科学で遊ぶ」は、教育研究技術支援センターが毎年3月にホームページにて募集し、応募があった団体と調整して翌年度に3回程度開催している訪問実験イベントです。

  今回の参加者の皆さんは、学校見学(実習工場・雷実験・炎色反応実験)および振動で動く組立機械の工作実験「ぶるぶるロボットを作ってみよう!」を行い、科学の楽しさやものづくりの楽しさを体験しました。

  今後も多くの子供たちにものづくりの楽しさを伝えていきたいと考えています。

  当日ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

ぶるぶるロボット製作中

 

完成したぶるぶるロボット

 

 

▼カテゴリ