採択を目指して~科研費特別セミナー開催しました~

本校は、7月22日、会議室を会場に「科研費特別セミナー」を開催しました。これは全教職員を対象とした申請書作成のノウハウを学ぶセミナーで、申請書の作成を早期に着手することにより申請内容の質的向上を目指して例年開催しているものです。平成30年度から7月に開催しています。

今回は科研費をはじめ大型競争的資金に多数の採択実績があり、審査員経験も豊富な山形大学大学院理工学研究科の古川英光教授を講師に迎え『科研費と研究成果は鶏と卵』と題してご講演いただきました。

20年以上前に初めて採択された自身の科研費申請書や近年の申請書を題材に、作成の際、特に注意した点や作り方のコツ、また不採択時に開示された審査結果も題材にして評点の低かった部分を自己分析し、次の採択に繋げた話題などを時折ユーモアを交えながらお話いただきました。

聴講した約60人の教職員は、普段手にすることができない資料を題材にした斬新な講演に非常に多くのことを学んだ様子でした。

講演の後は申請書の作成法の他、審査委員目線で見る申請書についてなど活発な質疑応答が行われ、最後に古川教授とかねてより親交がある髙橋校長から昔話を交えて謝辞を述べました。

参加者はこの日学んだ様々なノウハウを胸に刻み、次回公募に向けて科研費獲得を誓いました。

 

                                                           講演する古川教授

 

                                              

                                                    会場を埋めた約60人の教職員

 

                                                       謝辞を述べる髙橋校長

 

▼カテゴリ