東北地区高等専門学校文化部発表会の出展作品について

【AMデザイン部①】

全国高等専門学校デザインコンペティションのプレデザコン部門応募作品です。昨年度のテーマは「落下する分銅が地面に与える衝撃を緩和すること」であったためその目標を達成できるような作品を作りました。
作品最大の特徴は衝撃吸収に用いた素材にあります。TPUというしなりすい素材をクッションと分銅自体の固定に用いることで、落下時の衝撃緩和と耐久性の向上を実現しました。

   

 

 

【AMデザイン部②】

全国高等専門学校デザインコンペティションのプレデザコン部門応募作品です。
特別賞(3位)を受賞しました。
 

 

 

【AMデザイン部③】

全国高等専門学校デザインコンペティションのプレデザコン部門応募作品です。3D プリンターで造形した作品に 200g の分銅をのせ、高さ1m から自由落下させてロ ードセルで測定される最大値(衝撃力のピーク値)の小さいものを一回の測定で競います。
この「海月」は、分銅の真下にゴム弾性に優れているTPUで、丸みを帯びた6本の足のバネ部分が衝撃吸収する構造です。球が上と下から押しつぶされたシルエットは海月をイメージして何度も試作しました。軽量化を図るために分銅を入れる本体はPLAで作り、バネ部分とレール式で合体させました。プレートを差し込む式で分銅の落下を防いだり、質量を減らすために空洞を開けたり等工夫を凝らしました。

 

▼カテゴリ