【国際交流】台湾 協定校 長庚大学より短期留学生1名を受入

 7月4日、台湾の協定校である長庚大学より短期留学生1名が来鶴しました。コロナ禍以前には必要のなかったビザや事務手続きが山積みでしたが、情報共有を密に行いスムーズな受入となりました。
 森校長はじめ寮務主事へのあいさつ後は、すぐに配属先のサポート学生より研究室内の案内を受けました。派遣大学での研究活動はまだのようで、とても心配している様子でしたが、受入教員の論文を読み込むほど熱心に取り組んでいます。寮での生活も寮規則の説明が不要なほど、あっという間に鶴岡高専での生活に順応したようです。休みの日には、鶴岡市内を見て回ることを楽しみにしています。充実した研究活動と文化体験、また学生交流が経験できるよう、しっかりサポートしたいと思います。限られた期間ですが、短期留学生だけでなく、本校学生にとっても学びの多い時間になることを願います。

森校長と短期留学生
▼カテゴリ