「市民サロン2021 酒田」を開催しました

10月16日(土)に『ミライのまち。ミライの高専。』をテーマに、市民サロン2021の第2講を酒田市民会館希望ホール 小ホールで開催しました。新型コロナウイルス感染予防のため、来場者数に制限を設けオンラインでも配信しました。

今回は、NPO法人元気王国 理事長 佐藤香奈子 氏から『100年人生を楽しむための健康づくり、まちづくり』と題し、元気王国や自身が経営する会社のご紹介および佐藤様の熱意により実現した「湊酒田つや姫ハーフマラソン大会事務局」や「鳥海山SEA TO SUMMIT」の開催までの裏話などをお話しいただきました。また、スポーツ・自然体験・健康づくりを通じて庄内を活性化させたいとの思いとこれから取り組みたいことをご紹介いただきました。

続いて、本校 創造工学科 情報コースの宍戸道明 教授が、『“協創”と“協育”~飛島との連携がもたらす技術者教育~』と題して講演を行いました。宍戸教授を中心に本校学生が飛島で行う家電修理ボランティア「テクノパラメディック」について、平成22年にこの取り組みを始めたきっかけや苦労話、この取り組みに参加した学生の変化など、ユーモアを交えながらお話ししました。

パネルディスカッションでは、テクノパラメディック参加学生3名と当初から宍戸教授と一緒に活動する小野寺教授(本校機械コース)も加わり、この活動に参加して感じることやよかったこと、佐藤様からは新たなイベントを始めるきっかけ等、様々な角度からの「まちづくり」をお話しいただきました。

佐藤氏のご講演の様子 宍戸教授の講演の様子
全体の様子 パネルディスカッションの様子

 

▼カテゴリ