K-ARC拠点化推進事業講演会を開催しました

鶴岡高専は、平成27年7月に全国高専、ブロック高専の研究拠点構築のためにK-ARC(Kosen-Applied science Research Center)を設置し、高専全体の研究力向上に努めております。去る3月20日(水)に、更なる高専間連携の強化、産学連携の進展及び地域の皆様への情報発信を目的に、国立研究開発法人科学技術振興機構の佐藤利雄マッチングプランナーを講師にお迎えして、「K-ARC拠点化推進事業講演会」を鶴岡メタボロームキャンパスで開催しました。

講演会には、他高専の教員をはじめ、本校教職員、鶴岡市、地元企業関係者等約30人が出席しました。

吉木地域連携センター長による開会挨拶、髙橋校長による佐藤様のご紹介の後、佐藤様から、「花巻市における産学官金連携」と題してご講演をいただき、花巻市の産業振興施策や起業家支援の取り組み、コーディネータとしての考え方等をご自身の経験からわかりやすくお話いただきました。

引き続き行われた質疑応答では、会場から多数の質問が寄せられ、活発な意見交換となり、産学官金連携や地域活性化について改めて考え直す貴重な機会となりました。

今後もK-ARCにおける各種イベントを通じて、積極的な情報発信に努めてまいりますのでご期待ください。

開会挨拶を行う吉木地域連携センター長

本校髙橋幸司校長

科学技術振興機構 佐藤利雄 氏

熱心に聴講されている参加者

▼カテゴリ