ものづくり企業支援講座を開催しました

 2月10日(火)と24日(火)の2回にわたって、ものづくり企業支援講座「金属材料の疲労強度」(主催:鶴岡高専技術振興会、共催:本校地域連携センター)が開催され、講師として本校の機械工学科 増山 知也 准教授が演習を行いました。
 1回目は、庄内産業振興センター研修室にて金属材料の疲労強度について概要を講義し、2回目は、本校の増山研究室にて金属材料疲労試験機を使用し、金属材料試験片の強度・寿命を求める実験を行いました。
 今回は定員6名の方にご参加いただき、今回習得したことをすぐに仕事に活かしたい、直接関係する分野ではないが、知識を広げられてよかったとの感想をいただきました。
 

▼カテゴリ