つるおか大産業まつり2014が開催されました

 10月18~19日の二日間、つるおか大産業まつり2014が鶴岡市小真木原公園(朝暘武道館)で開催されました。
 本校が出展した「展示・体験エリア」では、42団体が出展し、本校からは4研究室と教育研究技術支援センターが出展しました。

 18日(土)は、今野研究室はロボットアームを使ったお菓子のつかみ取りを行い、安田研究室は「電気の仕組み~自分で電気を起こして知ろう・考えよう~」と題し、楽しみながら機械の仕組みや電気の仕組みを伝えることができました。

 19日(日)は、佐藤淳研究室が「お手軽、紙とペンを使った電子工作」を行い、瀬川研究室が「暗闇で光るストラップ作り」を行い、子どもに大人気の企画となりました。

 また、18~19日両日、教育研究技術支援センターが3Dプリンタの展示を行いました。実際に製作したものの展示の他、3Dプリンタで作っている様子を見学していただきました。子どもはもちろん、大人の方にも興味を持っていただくことができました。
 

▼カテゴリ