インドネシアのガジャ・マダ大学と協定を締結しました

 本校の加藤靖校長と内山潔教授(国際交流担当)が、10月7日から10日の日程でインドネシアのガジャ・マダ大学(Universitas Gadjah Mada, UGM)工学部および同大学職業学校(SV (Sekolah Vokasi) -UGM)を訪問しました。

 今回の訪問では、学生の派遣や受入、教員の相互派遣による特別講義の実施や共同研究への発展などについて意見交換を行い、基本的な考えについて合意しました。職業訓練学校(SV-UGM)においては、本校との間で、人材交流に関する覚書の調印を行いました。来年度からこの覚書をもとに、SV-UGMの学生の受入、本校から希望学生の派遣を行い、異文化交流を積極的に進めていく予定です。

 今回の訪問では、加藤校長と内山教授が工学部学生を対象とした講義も行い、多くの熱心な学生の聴講を得ました。今後は、工学部との協定締結に向け、調整を行っていくこととしています。(※ 写真はクリックで拡大します。)

 

DSCF0536 DSCF0538
職業訓練学校(SV-UGM)との調印式の様子
▼カテゴリ