第36回産業技術フォーラムを開催しました

 11月12日(月)、庄内産業振興センターに於いて第36回産業技術フォーラムを開催しました。

 演題は、「時代を読む~ICT業界の経験を踏まえて~」。

 講師には、長年NECにてICT業界の第一線でご活躍されてきた、元NEC取締役で現在は日本ソーラー(株)最高顧問、兼、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授の瀧澤三郎氏をお迎えしました。

 DIPS、IT/NW融合、BIGLOBE事業開発を経て、その後役員・経営者としての経験等を踏まえた、技術者魂、これからのICT業界の動向などをお話いただきました。

 本校の学生も参加し、企業における技術者としての成功への心構えについて質問し、講師の瀧澤氏より「数年後が予測できないICT業界において、自分の奇抜なアイデアを理解してくれる上司を最後まで諦めず探し、相談をする。」との回答をいただきました。
 

第36回産業技術フォーラム 第36回産業技術フォーラム
▼カテゴリ