外国人留学生交流懇談会を実施しました

 平成24年10月28日(日)に山形大学農学部と合同で、留学生・日本人学生(チューター)を対象とした外国人留学生交流懇談会を実施しました。今回は、鶴岡高専から16名、山形大学農学部から13名の総勢29名が参加しました。ほとんどの留学生が出身国で体験できないそば打ち体験をしたり、地元鶴岡市の観光地を巡るなどし、留学生同士の親睦を深めながら、日本文化に触れる良い機会になりました。

◆ 当日のスケジュール ◆

鶴岡高専 ⇒ 羽黒山 五重塔 ⇒ そば打ち体験(休暇村羽黒)
 ⇒ 庄内映画村オープンセット ⇒ 鶴岡高専

 まず初めに、羽黒山の五重塔を訪れました。日本の歴史的建造物を前に、留学生はもちろん日本人学生もとても興味深そうにしていました。近くには、樹齢1,000年の巨杉"爺杉"もあり、日本の文化や自然の素晴らしさを肌で感じることができました。
 

 

 続いて、休暇村羽黒でそば打ち体験を行いました。4名ずつのグループに分かれ、学生は楽しみながらも真剣にそば打ちに挑戦していました。そして、グループ内で試行錯誤しながら一つのそばを完成させ、自分たちで打ったそばはその場で美味しく頂きました。
 

 

 午後からは、庄内映画村のオープンセットを見学しました。全長2km(東京ドーム4個分)もある広い敷地内を村内周遊バスで移動し、各エリア内を歩いて見学しました。日本の昔ながらの建物や風景を楽しんだり、貸衣装の着物を羽織るなどして、日本独特の雰囲気を楽しんでいました。
 

 

※ 写真はクリックで拡大します。

▼カテゴリ