「国立高等専門学校機構 新技術説明会」に参加しました

 平成24年7月17日(火)東京・市ヶ谷のJST東京別館ホールにおいて、主催 独立行政法人国立高等専門学校機構(以下、高専機構)及び独立行政法人科学技術振興機構(以下、JST)により、「国立高等専門学校機構 新技術説明会」が開催されました。

 冒頭、五十嵐高専機構理事、黒木JST産学連携展開部長より産学連携の取組などの主催者挨拶があり、その後、「環境技術」をテーマとして全国から推薦を受けた9名の高専教員が未公開特許出願の発明(7件)を含む新技術について発表を行いました。

 本校からは、電気電子工学科吉木宏之教授が「プラズマとマイクロバブルの融合が拓く水処理」と題して発表を行い、聴講者数が77名と今回のテーマ別聴講者数では一番の盛況ぶりでした。

 その後行われた吉木教授への各企業からの個別相談件数は8件と、これも今回の参加者の中で一番の相談件数であり、今回のテーマ「環境技術」及び本校吉木教授の取り組みに対する各企業の関心の高さがうかがえるものとなりました。

 

新技術説明会

パンフレット -1

新技術説明会

パンフレット -2

 

新技術説明会 新技術説明会
新技術説明会 新技術説明会
▼カテゴリ