短期留学生の成果報告会を実施しました

6月14日(木)、4月から三か月間鶴岡高専で研究をした短期留学生が、帰国を前にその成果をプレゼンテーションしました。

留学生たちは、担当教員の指導の下、各研究室において研究に励みました。

テーマは以下の通りです。

ジュリアン(フランス)
電気電子工学科
「薄膜トランジスタ用酸化物薄膜の開発」
トーマス(フィンランド)
機械工学科
「水田用除草・撹拌における抵抗力の低減」
ペッカ(フィンランド)
物質工学科
「植物の木部細胞分化に関わる遺伝子の解析」
エレン(フランス)
制御情報工学科
「無線IPネットワークにおける新しいTCPふくそう制御に関する研究」
フィルム(タイ)
制御情報工学科
「衛星IPネットワークにおける新しいTCPふくそう通知に関する研究」

 

各研究室より、ともに研究した友人たちが応援に駆け付け、研究に対する英語の質問も活発に行われました。

留学生たちにとっての三か月間は、環境に慣れ、勉学に励み、友人を作り、日本文化に触れることのできた大変実り多い時間だったようです。

▼カテゴリ