平成24年度 鶴岡高専技術振興会総会が開催されました

 5月30日(水)にマリカ市民ホール(鶴岡駅前マリカ西館3階)にて、鶴岡高専技術振興会総会が開かれました。
 技術振興会会員企業・鶴岡高専職員が参加。
 同会会長である榎本政規氏(鶴岡市長)を議長に、平成23年度事業報告並びに平成24年度事業計画を審議いたしました。
 地域企業と鶴岡高専との連携事業の強化や研究開発の推進と学生支援について、会員企業への更なる協力を求めました。
 また、総会の後には震災復興プロジェクトの一環「リスク対応独立分散電源による分散セキュリティシステムの構築」を題目に鶴岡高専電気電子工学科・神田和也教授が講話を行い、加藤康志郎元鶴岡高専教授(財団法人山形県産業振興機構・シニアコーディネータ(庄内ブランチ))が、有機ELの産学官連携の取組みについて紹介しました。

平成24年度 鶴岡高専技術振興会総会 平成24年度 鶴岡高専技術振興会総会 平成24年度 鶴岡高専技術振興会総会
平成24年度 鶴岡高専技術振興会総会 平成24年度 鶴岡高専技術振興会総会 平成24年度 鶴岡高専技術振興会総会
▼カテゴリ