本校教員が日本活断層学会論文賞を受賞しました

本校総合科学科 澤 祥 教授が、日本活断層学会論文賞を受賞され、平成23年11月26日に千葉大学で行われた日本活断層学会「2011年度秋季学術大会」で表彰されました。

今回の受賞は、先生が共同研究でメンバーの一員として執筆した下記の論文が対象となりました。

 

【論文題名】
平均変位速度分布に基づく糸魚川―静岡構造線断層帯北部の地震発生予測

【著者】
鈴木康弘、杉戸信彦、隈元 崇、澤 祥、渡辺満久、松多信尚、廣内大助、
谷口 薫、田力正好、石黒聡士、佐藤善輝

【掲載紙】
活断層研究、33、1-14 (2010年)

  ※クリックで拡大します。

 

▼カテゴリ