国際交流ワークショップを開催しました

 鶴岡高専では、アメリカコロラド州のレッドロックスコミュニティカレッジ、フランスのリールA技術短期大学への留学プログラムが始まって3年目となります。
 10月21日(金)の高専祭にて、『国際交流ワークショップ』を開催しました。
 能とシェイクスピア劇を融合させた「英語能」の海外公演等、文化の架け橋となって様々な交流活動をされている静岡大学名誉教授、上田邦義先生(鶴岡出身)の基調講演、海外留学経験学生によるプレゼンテーション、そして本校のアジア出身留学生・教員等も加わりパネルディスカッションを行いました。異文化間コミュニケーションの大切さ、国際感覚を身につけるための方法など、参加者およそ70名の中から質問も絶えず、活発な意見交換が行われました。

国際交流ワークショップ
上田先生による基調講演
国際交流ワークショップ
パネルディスカッション
▼カテゴリ