岡谷鋼機株式会社及び株式会社新池田と寄附事業に関する協定を締結しました

本校は、平成30年6月11日(月)に、岡谷鋼機株式会社(名古屋市)及び株式会社新池田(鶴岡市)からの御寄附に基づき、産学官金連携による地域課題に関連した研究及びIoT(モノのインターネット)人材の育成を行うことを通じ、地域活性化に資することを目的として、2社との間で寄附事業に関する協定を締結しました。

2社から2年間で2,000万円という多額の御寄附が予定されており、本寄附に基づき、KOSEN版ウェザーステーションの実用化・ビジネスモデル化に向けた装置の改良や松ヶ岡ワイナリー用ぶどう畑環境モニタリングシステムの構築など、農業ICT(情報通信技術)の研究や防風雪柵の実用化に向けた研究等の実施を予定しております。

本校としましては、地域のために役立てていただきたいという2社の御意志を十分に尊重し、ありがたく御寄附を頂戴するとともに、地域、全国高専と連携しつつ、地域に貢献するIoT人材の育成のため、全力で本事業を推進する所存です。

左から、岡谷鋼機株式会社岡谷社長、本校髙橋校長、株式会社新池田杉戸社長 関係者一同記念写真

 

 

▼カテゴリ