山形県主催事業「夏休み科学体験バスツアー」を共催しました。

8月8日(火)に山形県商工労働部工業戦略技術振興課が主催する「夏休み科学体験バスツアー」の一環として、化学実験「特製の水溶液から液体燃料を取り出してみよう」が本校を会場に行われました。

本イベントは、山形県が県内の小中学生を対象とし、県内の関連機関や企業での施設見学や実験を通じて、科学の面白さを体験する目的で企画されたものです。

当日は、36名の児童・生徒が午前中に鶴岡市内の民間企業を訪問の後、本校を訪れ、科学の面白さやものづくりの楽しさを体験しました。

 概要説明
 実験の様子1
 
 実験の様子2
 
 実験を終了して
▼カテゴリ