「市民サロン2017 第3講」を開催しました

10月25日(水)に『新たな視点で再発見!-みんなで考えるこれからの働き方-』をテーマに、市民サロン2017の第3講を開催しました。

今回は、山形県最上総合支庁地域産業経済課 産業振興主査の坂本 静香 氏を講師としてお招きし、『女性の働き方・生き方のこれから~女性活躍と働き方改革~』と題してご講演いただきました。講演では、女性活躍について、全国と比較した山形県の現状をご紹介いただき、「もったいない女性」が生まれる理由や家庭内の役割、「インポスター・シンドローム」にならないために自信をもつ大切さ等についてお話いただきました。

次いで、本校 創造工学科 基盤教育グループの薄葉 祐子 准教授が、『東北における女性活躍の課題と展望』と題して講演を行いました。世界や日本の女性活躍推進について、また、ダイバーシティ経営戦略や雇用システムの問題等の企業側に必要なことについてご説明し、実際にダイバーシティ経営に向けた取り組みが評価され、”くるみん”や”えるぼしマーク”の認証取得に成功している東北の企業の事例について紹介がありました。

坂本氏 薄葉准教授
聴講の様子
▼カテゴリ